私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 ブログhttp://ku-so-sha.net  は。(少しずつの更新ですが…。)

 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して20年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に121棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付き。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
皆様へ
私の家造り
私の設計
建築ジャーナル
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
実績・履歴
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図


皆 様 へ


たくさんの皆様のおかげで独立以来13年無事ここまで順調に来る事が出来ました。

ここで改めて皆様に感謝を込めて・・・

私が家造りで大切に思うことや設計として大切にしなければならないと思うことについてまとめてみましたので宜しければご覧になって下さい。

私の設計手法や心掛ける点など が設計士のそれとは異なっていると皆様から言って頂くことがあります。

まずは仕事の責任においては、こうありたいと考えています。
行政や大企業などにありがちな構造矛盾、いわゆる責任回避構造、無責任の連鎖など、・・・当たり前のことが出来ない、当たり前のことをやってもらえない歯がゆさ・・・
意外にも日常こうしたジレンマに出会うことが結構ありませんか。 そのようなことのない 、ストレスをお客様に感じさせない事務所経営を目指しています。

小さな事務所ですが、本当に必要な書類の合理的整備、ミスや不正を未然に防ぐ為の検査マニアル、お客様に対する報告内容の充実など 、必要なことを無駄なく行うことが出来、お客様に必要なことがご報告できる、そのように日々考え、日々更新しています。

そしてデザインだけが突出して評価される、偏った設計側の我侭を是正し、住み手の側に立った住まい良い建築でありたいと願っています。
ともすれば軽視されがちな温熱環境計算や内部結露対策など快適さを考えることの出来る分野も重視し、有終の美となる外構設計にまで充実したご提案をしています。

わたくしどもは、ネームバリューや派手な宣伝など出来ませんが、どこにも負けない立派な仕事をひとつずつこなしていくことで皆様に知って頂き、次に繋げればと思っています。
千里の道も一歩からではありませんが、 肩書きや地位などに左右されない真実を見抜けるお客様にわたくしどもを育てて頂ければ有り難いと思います。

また、誤解の無い様に申し上げたいのは、 設計士の全てがコンクールに入賞し著名な名声を目指すことを目標としているわけではありません。
私が大切に思うことは、もっと皆様の身近で、心安らぐ
本当に住みやすい快適な住宅をつくり上げることです。
設計士として尊重して頂きながら、時に大切なものを見失わないよう、皆様と同じ目線で家造りをしてゆかなければならないと思っています。

実際に 家造り全体の中では図面に関する技術は全体の一部でしかありません。
やらなければいけないことはお客様の要望や仕事の中身、時間によっても日々刻々と変化します。
大事なことは優先しなければならないことに素直に取り組む姿勢と行動力です。
この仕事をより質の高いものとするためには、人生様々な分野の様々な勉強を、怠ることなく日々勉強し続けなければならないことだと思っています。

私は微力なひとりの設計士ですが、皆様にお役に立てるよう努力してゆきたいと思っています。
予算などに遠慮される事なく、どうかお声を掛けてみて下さい。全力で頑張らせて頂きます。
予算が厳しく 小さな家だからこそ、大切に創ってゆきましょう。

・・・私は設計の赤ひげを目指します。

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。